グリーンネイルの治療にも効果的

爪水虫とグリーンネイルの両方に使用することが可能

爪水虫を外用薬のみで治療出来るようになった事に大きく貢献しているのは、クリアネイルだと思いますが、元々はグリーンネイルを治療する為の薬として開発されたようです。グリーネイルを治療する働きが爪水虫にも適していることから使用されることが多くなってきたようです。

グリーンネイルは、緑膿菌という雑菌がつけ爪の裏側で増殖するなどして起こる事のある爪の感染症です。緑膿菌はわずかな有機物でも増殖する事ができるのですが、つけ爪が上からかぶせられることで更に繁殖しやすい状況ができてしまいます。

その状態で数を増やしてグリーンネイルが悪化していくと、爪が緑色に変色し、更に爪の内側に入っていってしまうので、まるで爪水虫が緑色に着色されたような状態になってしまいます。

その色は病的な緑色なので、見た感じからも明らかにわかります。
更に腐った魚のようなニオイを発するようです。

そんなグリーンネイルに対してもクリアネイルを用いることで治療することが可能です。クリアネイルが開発されたきっかけとなったのがネイリストの間で、お客さんの中にグリーンネイルで悩んでいる人が増えてきたことが関係しているので、ある意味こちらの方が薬に対して最適な使い方なのかもしれません。

どちらにしても、爪の内側に入り込んでしまった白癬菌や緑膿菌などの真菌に対し、有効成分トルナフタートの働きで殺菌することが出来るので、爪水虫にしてもグリーンネイルにしても、症状が現れた場合には、どちらもクリアネイルを適量を塗布することで対処することが可能です。

もしも頻繁につけ爪などをしている場合、緑膿菌は、消毒液への抵抗性を持っているようなので、幾ら殺菌を心がけてからつけ爪をしたとしても、場合によっては雑菌が残っていてそこから数を増やしていくこともあります。

アルコール消毒をしっかりとしてからつけ爪をするように心がけていれば、そうした心配も少なくなるかもしれませんが、場合によっては、つけ爪に使用する接着剤(ノリ)の中で緑膿菌が培養されていることも考えられます。

それに、爪とつけ爪の間に隙間があれば、いつの間にか緑膿菌が入り込んでしまうなんてことも十分にありえることです。

その場合にも、症状が現れたらすぐにクリアネイルを塗るように心がければ、悪化するのを防ぐことも可能となるかもしれません。